よくあるお問合せQ&A


Q. 艇の売却、数社に見積を依頼するのは当然ですよね?

A. 現代の風潮としては、そういった流れになってきていますね。当社にもそのようなお話で見積を依頼される方がいらっしゃいます。

結論から申し上げますと、買取において他社との競合の場合、当社では査定、お見積の提出はご遠慮させていただいております。

 

理由としては、見積依頼をされている業者様の中には、手数料ビジネスを行っている業者様(委託や仲介販売のスタンス)と、当社のように買い取って、整備を行い、責任を全て一括で請け負うスタイルの業者が混在している場合が多く、同じ土俵に上がる事に違和感を感じているからです。

 

数社見積で売却をご検討のお客様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 


Q. 免許をとってヨットに乗ろうと思います。どんな相談すればいいの?

A. 「免許をとったのでヨットに乗りたい」。それで充分です。免許の講習や実技ではヨットの事はなにも教えてくれませんので、スクールに通うなど、ご検討の方もいらっしゃると思います。

 

そもそもヨットで何がしたいのかも曖昧な状態で、とりあえずヨットに興味があるという方がビギナーの方には多く見受けられます。そんなに普及している乗り物ではないですので、我々もそれが普通だと思っています。

 

まずはお気軽にご相談下さい。スタッフが丁寧にお客様のご要望を明確化し、最適なヨット、最適なヨットライフをご提案します。

もちろん、ご購入後も長くサポートして参りますので、ご安心下さい。

 


Q. 船を売りたい!自分でカスタムや整備したものは当然価格に反映されるよね?

A. 例えば、たまたまその艇を欲しい方が当社のお客様にいらっしゃって、GPSが欲しい、オーパイが欲しい、ファーラーが欲しい・・・とオーダーがあった場合、その装備が完備されているなど条件が揃えばプラス要因にはなります。

 

しかしながら、電化製品であるGPSやオートパイロットなどは、故障の可能性が高く、年式の古いものは加点対象にはなりません。

 

また、「船底塗装を行ってから渡すから、買取金額をそれなりにしてくれ」等々、ご自身で整備をして渡すので高く買い取れといったお話もたまにありますが、例えば船底は、塗装をしたからそれで良い、という話しでもありません。

キールの状態、オズモの有無、座礁歴があるかないか、など多角的な判断が必要です。

 

キャビンも「いろいろ自作の棚や壁紙を貼付けたので、それ相応のコストをかけている」と仰る方がいらっしゃます。

しかしながら、その自作品は果たして誰が見ても対価を支払うレベルの出来でしょうか?

それとも日曜大工レベルの、自分で楽しむには問題ないレベルでしょうか?

 

愛着を持って、いろいろ手をかけてこられた艇に、我々は時に冷酷な査定をしなくてはならない事があります。

 

きちんと自分で整備してきた。状態もばっちりで何も問題ないと仰られて査定した結果、我々の解釈と大きな温度差がある事は日常茶飯事です。

 

 

「業者が買い取って販売する」という事は、その責任を当社が一括して請け負うという意味を持ち、個人売買の場合に起こり得る販売後のあらゆるリスクを売主様から払拭する意味においても重要ではないかと考えております。なかなか売主様(オーナー様)の努力が価格に反映されにくく大変恐縮ですが、ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 


Q. 業者の販売っていっても結局は仲介や委託で現地現状渡しなんじゃないの?

A. 他社様の販売スタイルは分かりかねますが、当社では仲介や委託販売は以下にも記載の通り、原則行っておりません。

買い取った艇は100%何かしらの整備やリフレッシュ作業を行ってから販売致します。よくある現地現状渡しとは異なり、現地整備渡し、またはお客様ご希望の場所まで回航(別途料金)してのお渡しとなります。

売却ご希望の方からのご相談で、当社にて査定した結果「そんなに安いの!?」と言われる事もありますが、これは引き取り後の上架費、パーツ交換、キャビンの再生作業や船底塗装など、諸々の整備を行いあらゆる箇所に手を加えていくコスト、加えて売却までの保管係留費等を考慮して算出された価格となります。とにかく高く売りたいという方は、わざわざ業者を通さずに個人売買をされることをおすすめします。


Q. 委託販売(仲介販売)は可能ですか?

A. 原則として委託販売は積極的には行っておりません。当社が責任を持って販売を請け負うにあたり、社内にて整備やリフレッシュ作業を行ったものを販売するため、完全買取りが当社の基本スタイルです。ただし、例外的に高額艇については委託販売を請け負う事もございます。詳しくはお問合せ下さい。


Q. 販売艇を自分で見に行きたいのですが

A. 当社では、いたずら防止及びトラブルを防ぐ目的で、お問合せの際、係留場所を聞かれてもお答えしておりません。艇のご見学の際は当社スタッフがご案内致しますのでお気軽にご予約下さい。


Q. 船齢が古い艇は長持ちしないように思うのですが

A. 進水から20年も30年も経過した艇は、経年劣化している箇所も確かに見受けられますが、問題は船齢よりもこれまでどのような整備を受け、どのような乗り方をされてきた艇なのかによります。

30年も前の艇なのにオズモーシスもなく機関もしっかりしている艇もあれば、比較的新しい艇でも何年も放置され続けメンテナンスも全くされていない艇もあります。

個体差が激しいですので一概には言えませんが、FRPの耐用年数の事を聞かれているのであれば30年でも通常の使用には問題ないものが多いでしょう。

機関はこれまでの整備状況によりますが、不具合箇所があればご案内時にお知らせまたは整備してのお渡しとなりますのでご安心下さい。整備渡しの場合は販売価格に含まれております。

セイルやハリヤード、シート類、ライフラインは消耗品と考えております。傷みの激しいものや切れているものは納艇前に交換しますが、当社が使えると判断したものはそのままの状態でのお渡しとなりますので、お客様のご判断で適宜交換をお願いします。

 


Q. ヨットには初めて乗るのですが、どの程度で操船できるようになりますか

A. 当社での経験上ですが、基本的なヨットの操船は1日しっかり練習すればご理解頂けると思います。

概ね2〜3回みっちり乗船すればクルージングレベルの操船でしたら可能でしょう。

ご購入頂いたお客様には、ご希望により3回程度またはある程度ヨットに慣れるまでの間、当社スタッフがクルーとして同乗し操船や離着岸のアドバイスも行いますのでご安心下さい。


Q. ヨットを維持するって、高いんでしょう?

A. 高いと思えば高いし、安いと言えば安い世界でしょう。

どんな大きさのヨットを、どのくらいの状態で、どこに保管するかによってコストは全く異なります。

 

一例のイメージとして、艇の購入時に、25ftでインボードエンジン搭載の船齢30年オーバーの国産ヨット、主観ですが50万円あればそこそこの状態のものが入手できるでしょう。(個人売買の場合はオーナー主観で金額を決めているようなので何とも言えません)

これに普段保管する場所のコスト、当社近辺の公営ボートパークだと月間8000円くらい。しっかりしたヨットハーバーとなると月間3万円。 毎週末にちょこちょこ船を出して燃料が1回の出港につき機走メインだと1000円〜2000円くらい。離着岸時のみエンジンを使うならば半年くらいは1回の給油でいける場合もあります。 プラス、年に1度の船底塗装が自分でやれば3〜5万円程度(上下架費用により金額が変わります)。あとは消耗品やオイル交換などで余分に年間10万円程度バッファーを持っておけば基本的な維持は可能でしょう。


Q. 違うところで買ったヨット、修理や整備だけ依頼できる?

A. はい。もちろんです。


Q. 練習のためにレンタルヨットに申し込みたい

A. 事故防止のため、練習目的、ヨット経験の浅い方へのレンタルはお断りしております。当社スクールまたはヨットクラブにお申し込み下さい。


Q. 試乗はできるの?

A. 販売中の艇は任意保険に未加入のため、試乗はご遠慮いただいております。


Q. 購入を決定後に気が変わりました。キャンセルはできますか?

A. 原則としてお受けできません。実艇をご覧頂いた上で「買います」「承りました」の約束を交わす訳ですから、その時点で契約成立となります。 ※メールでの取引の場合は、ご購入意思を当社に伝えて頂き、当社よりお客様の意思を受諾したご返信をお送りした時点でのご契約履行となります。

当社では、お客様との信用を重視するため、ご契約(ご購入意思を当社と確認)後のキャンセルはご遠慮下さいますよう、ご理解の程お願い致します。


Q. 分割払いはできますか?また手付金は必要ですか?

A. 申し訳ございません。当社では分割でのお支払いは承っておりません。ただし2016年7月よりカード決済が可能となりました(MASTER、VISA、AMERICAN EXPRESS)。※中古艇につきまして、カード決済が可能なのはご案内当日の決済に限ります。現金でのお支払いにつきましては原則ご購入を決定いただいてから1週間以内のお支払いをお願いしております。尚、その際に見積金額の10%の手付金を頂きますので、予めご了承下さい。万が一のキャンセルの場合は手付金はご返金致しかねますので、予めご了承下さい。(2016年3月3日)


Q. 他社で扱っている艇をそちらで交渉してもらって購入する事はできる?

A. ケースバイケースですが、基本的には承っておりません。状態の詳細が分かる艇または当社がお付き合いのある業者様で信頼関係が構築されている業者様の扱う艇でしたらご相談には応じます。その場合は、お客様との信頼関係も考慮の上、承る事はございますが、仲介艇の場合は当社では艇の状態など責任を負いかねますので予めご了承下さい。


Q. 回航費用ってどれくらい?

A. 1000円/海里 が基本的な回航料金です。 スタッフ2人(スキッパー1名、クルー(整備、操船サポート)1名の2名体制が当社の基本的な回航スタイルです。料金にはプラス予備費(マリーナビジターバース使用の場合の料金、燃料費など)が回航予定日数や航路によって算出され、上記1000円/海里に予備費が加わったものが料金となります。また、当社にてご購入頂いた方の回航については割引させていただいております。


Q. 購入の場合の支払いはどうなってるの?

A. 当社では、お客様とのトラブルを防ぐためにご購入の際は全て前金制でお願いしております。また、代引きでのお支払いも可能になるよう準備を進めておりますので、お客様により幅広いお支払いの選択肢をご用意する予定です。これは大変不本意ながら、後払いでの取引を行った際、納品後に音信不通になったりとトラブルが相次いだためで、良識あるお客様には大変失礼ながらもご理解を頂いております。取引が重なればもちろん後払いでのお支払いが可能となりますので、ご理解の程お願い致します。(2017.11.23)


Q. 新島ドックの利用方法がよく分かりません。利用するにはどうすれば良いですか?

A. 当社整備ヤード「新島ドック」は、通常のマリーナやヨットハーバーとは異なり、ビジター利用というシステムは設けておらず、メンバー制となっております(メンバー登録は無料です)。ご利用をお考えのお客様は、ご利用前に予め登録フォームより必要事項にご記入下さい。頂いた内容に準じて社内で精査し、ご利用可能と判断すればメンバー様として登録させて頂きます。ただし、実際のご利用の際、当社またはプラント側の判断でルールを守れないと判断した場合、以降のご利用をお断りする場合もございます。これら理由としては、本ヤードは場所柄、安全に作業して頂くための諸々のルールがあり、作業にあたってはルールを遵守頂かなくてはなりません(ルールを守れないとプラントより判断された場合、ヤードそのものも退去を命じられます)。良識あるヨットマンに便利に快適に使って頂き、長くヤードをご提供したい思いからのシステムとなっておりますので、こちらも多少窮屈ではございますが何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

ヤードについてご不明な点などございましたら何なりとお気軽にお問い合わせ下さいませ。(2017.11.23)


Q&Aは随時更新していきます。

 

※当社商品のご購入にあたって、ご購入前にこちらをお読み下さい

※画像、コピーの無断転載禁止


ヴィエント・フレスコ 株式会社

【本社オフィス】

兵庫県神戸市西区伊川谷町前開1164-18

Phone 078-964-5351    Fax 078-964-5352

 

【新島DOCK】

兵庫県加古郡播磨町新島1  JFEプラントエンジ株式会社 播磨製作所内

 Phone 050-3354-4363