NISSAN 30

日本のヨット界を代表するデザイナーがチームを組んで手がけたジャパン・ヴィンテージ。希少な一艇が良好な状態で入艇。

1985年進水

 

 

船検有効期限:平成33年7月18日まで

 

 

2016年7月2日、船底塗装済み

 

 

エンジン/YANMER 2GM 20(換装済み、コンディション良好)

 

 

セイル/ジブファーラー(ファーリングジブはまだ新しい状態)、メイン、スピン

 

 

PSSシャフトシール

 

 

マリントイレ交換、デッキ木部ニス再塗装渡し。

 

 

 

 

 

ニッサンマリーンが当時、本物の純国産艇を建造するために結成されたチームに集結した日本人デザイナーによる設計。

 

ニッサンで有名なJ/24はアメリカ艇を日本でライセンス生産したものに対して、この艇は日本人デザインチームのオリジナル。もちろん製造も当時の日産独自の技術を結集して建造された艇です。

 

加藤ボート工業のSK31を手がけた渡辺修治氏がデザインチームの中心であったとされ様々な実験の末、登場したメイドインジャパンのレアな一艇。

 

数値的にはNJYのバンドフェット30に近く、当時の艇の中でも軽量でスタビリティが高く、乗りやすさがポイントです。

 

強風下での操舵安定性も高い外洋クルーザーとして設計されていますので、ロングクルーズにも充分な性能を誇っています。

 

念には念を入れた製造工程、設計段階では座礁テストまで実施するほど徹底した検証を繰り返し、世に送り出されながらも、現在は艇数が非常に少なく、このような良好な状態の個体は非常に珍しいと思われます。

 

ジブファーラー装備の上、エンジンはヤンマー2GMに換装されているので、シングルやショートハンドの方でも安心して操船できるのではないでしょうか。

 

当時建造されたのは40艇。滅多に見る事のないジャパンヴィンテージを、この機会に楽しんで下さい。

 

 

 

 

※ご見学は随時可能ですが、当社スタッフがご案内致します。事前にご連絡の上お越し下さい。

 

 

在兵庫

 

SOLD OUT

 

 

詳しくはお問合せ下さい。←Contact us